専用キットの個人輸入でも出来るホワイトニング

今流行りの歯のホワイトニングですが、現在主流となっているのはオフィスホワイトニングとホームホワイトニング。いずれも歯科医の施術及び監督の上、クリニックの施術室あるいは自宅にて施術を行う方法です。自由に通院時間が確保出来ない人が選択するケースが多いホームホワイトニングですが、最近では地元の歯科クリニックの診察や監督を受けず、自力で専用のキットを北米から個人輸入し、ホワイトニングを行う人も少しづつ増えてきました。

個人輸入キットの大きなメリットとして、その価格の安さが挙げられるでしょう。一般の歯科クリニックを介せば最高で数万円掛かるところを、これらのキットを使えばその数分の1である数千円程度に収める事が出来るのです。もちろんデメリットもあります。

一つは薬用ジェルを塗布する事となるマウスピースが歯科クリニックの様に完全オーダーメイドではない為、どうしてもしっくりこないケースが多く、時として違和感が起こったり、ジェルが漏れて歯肉に触れ痛みを感じてしまうケースもあるのです。もう一つは施術全般に渡って自己責任の元行わなければならない事。もちろん上記の様なトラブルや違和感も自己責任の元、自分で全て受入れていかなければなりません。

ただ工夫を凝らせば大きな不便は感じませんし、その効果も大きく、丁寧に施術を施せば十分なコストパフォーマンスは感じられる筈。近郊の歯科クリニックの施術料金の高さに嫌気がさしているという人ならば、これらの方法に頼って損は無いかも知れません。

ホームホワイトニングジェルで輝く歯に!おすすめ商品紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です