NURO光の工事の遅さ

ニューロ光は一般の光回線サービスと違って工事が二回必要となっています

工事が二回必要というだけでも入力カリの利用開始日が遅くなる理由でもあるのですが
その工事の屋外工事を担当するのがニューロ光ではなくて NTT になっているのです

しかしながらニューロ光から申し込んだはずなのに NTT が工事を担当するというのは巷では知れ渡っていることなのです

工事を請け負っている下請け会社のスタッフの数にもよるのですが工事の予約が集中している場合は人手が足りなくて数ヶ月間待たされるということは珍しいことではありません

あまりに待たされるとニューロ光のカスタマーサポートセンターに電話をして早く工事しやがれと怒鳴りたい気持ちも出てきます

誰もがこんな経験になると思います

しかしながらこれはにゅうろひかりに言ってみたところでどうにもならないことなんです
屋外工事を担当しているのは NTT なので

今や NTT の開通工事はどこのプロバイダーでもパンパン状態なので工事が遅いというのは NTT の問題となっているのです

この辺りが大人の事情かわかりませんがややこしいのですがどうしても待ちきれない場合はニューロ光のサポートセンターに連絡を入れて NTT に催促するように言ってみましょう

NURO光 兵庫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です