妊娠中は目立つようになった正中線

私は、妊娠する前から妊娠線については知識を持っていたのでかなりクリームでの保湿や腹帯の着用などして予防していましたが、正中線については知りませんでした。正中線というのに気付いたのは、出産後でした。それは、実は生まれながらに男も女も持っているお腹の真ん中あたりにある線なんです。

でも、知らなかったので私は妊娠線ができたんだ、と勘違いしてなんか少しだけ落ち込んだのを覚えてます。妊娠してお腹が大きくなって皮膚が薄くなる事で目立つようになるだけで、特に新しく出来たものでもないから落ち込む必要なかったなと今では思います。やはり明らかに妊娠前に比べて目立つようになってます。

それって、妊娠によってホルモンバランスが変化して色素が蓄積しやすくなって起こるので、シミやソバカスが増えるのと同じようなものだそうです。出産後はだんだんと薄くなってくると聞いていて、なかなか数年間は消えないなあと気にしていましたが、8年経ってようやくほぼ見えなくなっています。妊娠線はほとんど消えないとかいうから、やはり違うものなんですね。

特に私の場合は出産後は保湿とかは意識しなかったけれど、保湿をしっかりして新陳代謝を促進していたらもっと早く薄くなっていたみたいです。まあ、私はお腹が比較的大きくならなかったから妊娠線は出来なかったけど、正中線がある意味妊娠した証みたいな気もしていたからこれは母親になったんだという印のようでそこまで嫌でもなかったのかもしれません。

今やほとんど見えないほど薄くなってきたのはそれはそれで嬉しいんですけどね。

臨月 妊娠線 ひどい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です